俳句美術館 俳句美術館について 会員募集 個展・イベント情報

 いちごにんじん むぎた雅楽

 
<むぎた雅楽>


 熊本市在住 
 本名:麦田雅弘 俳号:麦田耕

 著書
 『俳哲永田耕衣の文学青春』
 (評論)

 

 

 〒861−8001
 熊本市武蔵ヶ丘一丁目6−35
  090-7395-8341
  kou.mugita@gmail.com



『恋鴉』
(麦田耕第一句集     
むぎた雅楽句画集)











蝉がゐないのは窓を閉めただけ


梅一輪今此処己れ宇宙(そら)の外



Picassoでもこうはいかない鳥の糞



いくさなど無き国にせむ福寿草


割切れぬことはそのまま鏡餅


ときめきは失ひませぬ冬の日も



禿頭のしみじみと行く師走かな


紅椿罪隠す罪暴く罪


ひとつ身と気付かぬまゝの梭魚かな



蝮草すぐにやマムシに成れません


葉蜜柑の座蒲を失ふ鏡割


鶴林寺の松ぼつくりとは知るまいて



紅蜜柑帰り着いたらすぐ食べる


火曜日の通草欠伸を噛みころし






鼈(すっぽん)の転落待たぬ山河哉


焼鮎は目を白くして嗚呼と言ひ


崩れ去る事の難きやしほ鰯



苺描くいちご人参苺にんじん





↑このページの上へ   HOME




俳句美術館ホームページ掲載中の記事及び作品等の無断使用をお断りします。